アプリ市場オーダーメイド分析

数万人のスマートフォン利用データを活用して、
アプリマーケットのブラックボックスを解き明かします。

オーダーメイド分析でできること

App Apeで得たノウハウを活かして、アプリ市場に関する 独自レポートを作成いたします。ダッシュボードでは見られないような、深く細かい分析まで対応させて頂きます。
市場理解

ストア情報しかない、アプリ市場のブラックボックスを解き明かします。

競合理解

競合アプリユーザーのデモグラや、キャンペーンの成否などをまるはだかにします。

ユーザー理解

自社アプリや、競合のユーザーを明確にしたり、親和性の高いアプリを発掘したりします。

分析ソリューション一例

ペルソナ分析
競合と、自社アプリのペルソナの差をあぶり出します。

デモグラフィックだけではなく、何曜日の何時にアクティブになるのか? 他に使用しているアプリは何なのか?などの情報を元に、顔が見えるペルソナ設計を行います。思っていなかった競合やロールモデルが見つかったりします。

ライフタイム分析
特定ユーザー像を把握し、施策の最適なタイミングを設計します。

特定のユーザー層が1日の中で、どのようなアプリを利用しているのかを分析することができます。どの時間帯にどのアプリが使われているかを明確にすることで広告出稿の時間帯やプッシュ通知のタイミングを把握しましょう。 例:このユーザー像はお昼にSNSを見ているようだ。 → ログインボーナスのプッシュが効果的かもしれない。

キャンペーントレース
話題のあのキャンペーンって、どうだったの? アクティブユーザーの伸び率など、実際の成果を測定します。

競合が行なった、テレビCMやイベントの効果を、ダウンロードやアクティブユーザー、さらには、休眠層の復活、課金率の変化など様々な指標からはじきだします。

追い出し・追い出され分析
アプリ同士の関係性や、ユーザーの流れを把握できます。

1ユーザーが1日にアプリを使える時間には、限りがあります。 追い出し・追い出され分析は、あるアプリのユーザーが増えたことによって、他のどのアプリのユーザーが減ったかを算出し、各アプリの強弱・関係性、ユーザーの流れを炙り出します。 例:Instagramのユーザーが20%増えたことによって、Twitterのユーザーが減った。

その他の分析・分析設計からお手伝い。

上記以外にも、自社データとの組み合わせなど、様々な分析が可能です。また、興味はあるけど何に使ったら良いかわからないなど、どんな疑問でも大歓迎です。まずは、お気軽にご連絡ください。
【例】
・初めてマーケ担当になったのだが、何をKPIにすれば良いかわからない。
・これからアプリを作るのだけど、どこまで事前に調査が必要なのかわからない。
・自社アプリのデータと連結させて、より深い分析を行いたい。

ご納品までの流れ

まずは、アプリ市場の分析に特化した弊社の専属アナリストが分析設計のご相談にお伺いし、分析内容の設計と、お見積もり、スケジュールに関して算出させていただきます。 内容により異なりますが、通常レポーティングには2-3週間前後頂いております。また、レポーティングの結果を元にしたコンサルティングや、PDCA構築のお手伝いも承っておりますので、お気軽にご相談ください。